出来ないことが出来るようになった時
2018.05.11
昭和大学附属烏山病院+看護助手

出来ないことが出来るようになった時

出来ないことが出来るようになった時

出来なかったことが出来るようになった時って嬉しいですよね。
仕事に限らず、スポーツやゲーム、そのほかにも色々とそういった場面があると思います。
私が以前体験したことをご紹介させて頂きます。

お茶配りという仕事があります。
これは患者さん全員にお茶を配り、自分で飲めない方には飲むお手伝いをする仕事です。
私は以前このお茶配りが苦手で、非常に時間がかかっていました。
そのせいで、その後の業務にも少し支障が出てしまっていたこともあります。

これはまずいと思った私は、お茶を配るルートを考えてみたり、患者さんが飲みやすそうなコップを使ってみたり、先輩にお茶配りを少し手伝ってもらえないかと頼んでみたりしました。

その結果、約50分で終わらせなくてはいけないところを35分で終わらせることができ、非常に嬉しく感じました。
配り終わった後、時計を見た時のあの感動は忘れられません。
もちろんその後の業務にも時間の余裕ができ、ゆっくり確実に取り組むことができました。

こういった経験一つ一つに、しっかり嬉しいという感情が持てるようになると、仕事のやりがいを感じられるようにもなるし、楽しくなってきます。
仕事にも一生懸命取り組むことが出来るようになるのではないかなと思います。

SOGA
Eikichi Soga
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

高千穂大学経営学部経営学科卒業。A-LINEにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:ゲーム(スマホゲーム、TVゲーム等)、お酒(ビール)

SOGA's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする