点検整備は、安全の第一歩
2018.04.20
日本大学医学部附属板橋病院+外来助手

点検整備は、安全の第一歩

点検整備は、安全の第一歩

車イスやストレッチャー、点滴スタンドなどは毎月定期的に点検を実施しています。
車イスであれば動作に関わる車輪、ブレーキ。
患者さんが座るところであるシート部分や、ペダルなど。
そして看護師さんや私達助手が使うハンドル部分も含まれます。

ストレッチャーの場合はマット部分や車輪、ブレーキ、柵、
そして高さの調節をするハンドルなどです。

しっかり動くか、ちゃんと止まるか、固定できるかなど確認して、それと同時に拭き掃除で綺麗にします。
この点検で異常がないか確認する事で、移送時の患者さんの安全を確保できるのです。
点検項目は少なくても患者さんの安全のため十分に行ないます。

KOIZUMI
Shunichi Koizumi
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

国士舘大学工学部機械工学科卒業。ソフトウェア会社SE、コンビニエンスストア副店長を経て シンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:音楽鑑賞、ゲーム

KOIZUMI's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする