濡れぬ先の傘
2018.03.30
日本大学医学部附属板橋病院+病棟クラーク

濡れぬ先の傘

濡れぬ先の傘

何事も前もって準備しておけばスムーズに進みます。

小さい問題がたくさん起きると
パニックになり何も進まなくなってしまいます。
そうならないように私は小さいことを先に先に処理をしています。

例えば、
私は毎朝出勤すると、必ずプリンターの紙をMAXまで補充しておきます。
忙しい時に紙がなくなってしまい、
紙がない!補充しなきゃ!!でもこっちの書類もやらなきゃ!
と慌ててしまわないようにです。

起こってから対応するのではなく、
起こる可能性を考えて事前に準備しておく。

事務の業務以外にも、日常で当てはまることでもあります。
日常でもこういった準備がとても大切になってくると私は思います。

備えあれば憂いなし、転ばぬ先の杖、濡れぬ先の傘などなど
たくさんの言葉がありますが、準備するのは実際大変ですね。

しかし、面倒くさがらず、前もって備えておく。
それを心に刻んで、仕事も頑張っていきましょう!

ARAKI
Fumiya Araki
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部 部長

東洋大学文学部日本文学文化学科を中退。フードデリバリー会社にて営業を経てシンカナースにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手など)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:映画鑑賞(バック・トゥ・ザ・フューチャー)、音楽鑑賞(B’z)、カメラ、飲み会の参加

ARAKI's OTHER EPISODE