自分だけのポケットノートを作ろう
2018.03.30
日本大学医学部附属板橋病院+外来助手

自分だけのポケットノートを作ろう

自分だけのポケットノートを作ろう

看護助手も色々な業務があり、先輩助手さんに教えてもらったことなどをメモに書き留めることも多いと思います。
しかし、メモのままでは見にくかったり、後で見てもよくわからなかったりすることがあります。

そこで、その日に教えてもらった内容をメモを元に思い出しながら、ノートを作成するのです。
教えてもらったことの復習にもなるし、出来上がったノートは仕事中にも見ることができるから、とても便利です。
ノートの大きさは、メモ帳と同じくらいだとまとめを書き込むのにはスペースが不足しがちですが、持ち運びが簡単な上、仕事中にポケットからノートを取り出してすぐに確認することができます。
検査に使う器具の種類など分かりやすくまとめ直しておけば、いつか自分が先輩になり人に教える時にも役に立つのではないかなと思います。

そしてノートを見返す時には自分なりの進化と成長を思い出せるのではないでしょうか。
自分だけのポケットノートを作ってみてはいかがでしょうか。

KOIZUMI
Shunichi Koizumi
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

国士舘大学工学部機械工学科卒業。ソフトウェア会社SE、コンビニエンスストア副店長を経て シンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:音楽鑑賞、ゲーム

KOIZUMI's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする