移送のコツ〜安全こそが最高のサービス〜
2018.03.30
日本大学医学部附属板橋病院+外来助手

移送のコツ〜安全こそが最高のサービス〜

移送のコツ〜安全こそが最高のサービス〜

移送とは、車イスやストレッチャーで患者さんを検査や診察などに送迎する事です。
注意点は、車椅子やストレッチャーをぶつけたりしないこともあがりますが、他にも速度に注意する必要があります。
車椅子で視点がいつもより下がっている患者さんや、ストレッチャーで進行方向を見ることができない患者さんにとって、
私達の「いつもの徒歩」の速度でもかなりの体感速度になってしまいます。
いつもの徒歩より少しゆっくりくらいのつもりで移動する、ちょっとした心遣いが、患者さんの安心につながるのです。
ゆっくりの速度で移動することで、周りを見渡す余裕も出て来るので、より安全に移送ができます。
まさに急がば回れの言葉と同じく、急ぐより安全に移送することで余計なトラブルを回避し、結果的にスムースな移送に繋がるのではないでしょうか。

KOIZUMI
Shunichi Koizumi
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

国士舘大学工学部機械工学科卒業。ソフトウェア会社SE、コンビニエンスストア副店長を経て A-LINEにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:音楽鑑賞、ゲーム

KOIZUMI's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする