労わる心
2018.03.16
日本大学医学部附属板橋病院+看護助手

労わる心

労わる心

病棟助手として勤務して気遣いや思いやりについて考える機会が増えました。
振り返ると今まで人と接する際、些細なことまで配慮した行動がなかったように思います。
病棟で勤務すると気遣いや思いやりのある看護師さんや他の看護助手の先輩の立ち振る舞いを沢山見ることができました。
私自身も最初は見よう見まねで初めてみました。
実際に自分の行動を変えてみると「心から労わる」という意味について深く考えるようになり、それについて徐々にではありますが理解することができるようになりました。
これらのことを通じて、看護助手の仕事は人として成長できる魅力的な職業であるということを強く感じました。

NAKADA
Takahisa Nakada
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

東亜大学デザイン学部デザイン学科卒業。印刷会社にてデザイン関連、POP製作を経てシンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:サッカー、ひたすら寝る

NAKADA's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする