小さな付箋で流れが大きく改善!
2018.03.08
日本大学医学部附属板橋病院+病棟クラーク

小さな付箋で流れが大きく改善!

小さな付箋で流れが大きく改善!

看護事務はドクター、看護師さんが
作成した書類をお預かりすることが多いです。

ただドクター、看護師共に大変忙しいということもあって、
時々記入漏れがあったり、印の押し忘れがあることがあります。

その為、医師に依頼する際や、看護師さんに再度記入をお願いする際、
私は小さい付箋をペタペタと貼って、
「ここです!」「ここの日付を入れてください!」
と一目見てわかるようにしておくことを心掛けております。

そうしておくとスムーズに書類を再度作成して提出してくれます。
小さい付箋一つではありますが、
それがあるだけでもフォローに繋がっていますので、
これからも続けていきたいと思います。

ARAKI
Fumiya Araki
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部 部長

東洋大学文学部日本文学文化学科を中退。フードデリバリー会社にて営業を経てシンカナースにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手など)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:映画鑑賞(バック・トゥ・ザ・フューチャー)、音楽鑑賞(B’z)、カメラ、飲み会の参加

ARAKI's OTHER EPISODE