仕事をしていてうれしいこと
2018.03.02
杉並リハビリテーション病院+看護助手

仕事をしていてうれしいこと

仕事をしていてうれしいこと

看護助手の業務をしていて
やはりうれしいのは患者さんから感謝されることです。

着替えの手伝いなどをして感謝されることもありますし、
退院まで回復した患者さんが、
わざわざ来てくれて「ありがとう」と言われるとやっぱりやっていてよかった仕事だなと実感します。

日々感謝される、そんな素晴らしい看護助手が
もっともっと増えていけばいいなと思います。

ARAKI
Fumiya Araki
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部 部長

東洋大学文学部日本文学文化学科を中退。フードデリバリー会社にて営業を経てA-LINEにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手など)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:映画鑑賞(バック・トゥ・ザ・フューチャー)、音楽鑑賞(B’z)、カメラ、飲み会の参加

ARAKI's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする