看護事務の小さな心配りがj患者さんへのスムーズな援助につながる