小さな心配りが患者さんへのスムーズな援助につながる
2018.02.22
日本大学医学部附属板橋病院+病棟クラーク

小さな心配りが患者さんへのスムーズな援助につながる

小さな心配りが患者さんへのスムーズな援助につながる

病棟事務の仕事は看護師さんとも密接に関わることが多く、看護助手さんとは違う角度から看護師さんへのサポートをしています。
書類や薬剤の受け取りはもちろん、看護師さんたちが使うマジックや電池など消耗品の発注もあります。
これらの消耗品がいつなくなっても、看護師さんが困らないように使用頻度や残量を気にしながら発注するようにしています。
このような私たちの小さな心配りが患者さんへのスムーズな援助に繋がっていくと思っています。

私の心配りが患者さんへ届けられるように日々頑張っています!

ARAKI
Fumiya Araki
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部 部長

東洋大学文学部日本文学文化学科を中退。フードデリバリー会社にて営業を経てシンカナースにて看護助手業務(病棟クラーク、外来助手、病棟助手など)に従事。介護職員初任者研修を所持

好きなこと:映画鑑賞(バック・トゥ・ザ・フューチャー)、音楽鑑賞(B’z)、カメラ、飲み会の参加

ARAKI's OTHER EPISODE