介助を学んで
2018.07.20
日本大学医学部附属板橋病院+外来助手

介助を学んで

介助を学んで

助手としては色々な経験をしてきてるほうだとは思いますが、
私は一部の介助を経験させていただく機会がありました。

介助にも色々あり、食事介助、身体介助、入浴介助・・・
おむつの交換などが挙げられます。
外来助手さんにはこういったことをする機会は、あまりありませんが
車イスに患者さんが乗るときに、少しお手伝いさせて頂いたり(手や肩を貸す、腰を抑えてあげるなど。)
例外的に患者数が多い科などで看護師さんの実施するおむつ交換を手伝ったりということはあります。

医療の現場で患者さんのために働いてみたいとお考えの方は、こういった体験も良い勉強になると思います。

様々な介助がありますが、それぞれに難しさもあるのです。
この中でも食事介助は困難なものだといえます。
食事介助は患者さんの食べるペースに合わせて食事を口に運んだり
患者さんに何を食べたいのかを確認しながらゆっくりと食べていただきます。
もしペースが合わなかったり、無理に食べさせようとすると誤嚥性肺炎や窒息など重大な事故につながる恐れがあります。

身体介助については、車イスへの移乗・オムツ交換時の体の支え方・着替えの介助など
体を支えるお手伝いがメインとなります。
これらを学ぶ際に、一緒に学ぶことが多いボディメカニクスも様々なことに応用が利き、自分自身の体への負担軽減にもつながりますので活用していく必要があります。
介助とまではいかずとも車イスに乗る際の患者さんの不安定さなどを意識しておくだけでも
患者さんや看護師の負担軽減につながる大切なことなんではないでしょうか。

KOIZUMI
Shunichi Koizumi
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

国士舘大学工学部機械工学科卒業。ソフトウェア会社SE、コンビニエンスストア副店長を経て シンカナースにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:音楽鑑賞、ゲーム

KOIZUMI's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする