器具の洗浄と感染防止
2018.06.08
日本大学医学部附属板橋病院+外来助手

器具の洗浄と感染防止

器具の洗浄と感染防止

金属器具などの中には洗浄後に消毒・滅菌して再利用するものもあります。
例えば使用後のセッシ(ピンセット)などが判りやすいでしょうか。

ピンセットなどには、血液などが付着していることがあります。
助手はエプロン、マスク、手袋をつけて洗浄や消毒をします。
必ず基本的な感染防止のセットを身に着けて洗浄や消毒をします。

適切に手袋やエプロン・マスクを付けていれば、基本的には安全です。

セッシにも先が尖ってるものもあります。
そういった先端部分には注意が必要です。
そして、洗浄や消毒が終わったら手袋などを外し、しっかりと手を洗うようにします。

このように色々な作業に感染防止、感染予防が関わってきます。

面倒だなどと思って手袋をしないで作業してしまうと感染の危険性がありますので、手袋は絶対に必要です。

先の尖ったものを取り扱う場合は、手袋を二重にして作業をすることでリスクを低減させることができます。
どんな作業も安全に配慮された手順があります。
その通りに行えば安全にできますので、決められた手順をしっかり守ることは、自分の安全に繋がるのです。

KOIZUMI
Shunichi Koizumi
ナプリ人材本部 ナプリプラス人材部

国士舘大学工学部機械工学科卒業。ソフトウェア会社SE、コンビニエンスストア副店長を経て A-LINEにて看護助手業務(外来助手、病棟助手)に従事。

好きなこと:音楽鑑賞、ゲーム

KOIZUMI's OTHER EPISODE
この病院にエントリーする